Autify Connect のヒントとよくあるエラー
  • 11 Mar 2024
  • 1 分で読めます
  • 投稿者
  • ダーク
    ライト

Autify Connect のヒントとよくあるエラー

  • ダーク
    ライト

記事の要約

※ このトピックの一部は機械翻訳で処理されています。

Autify Connectを使用して、ローカルホストで実行されている Webサイトをテストできません

シナリオのターゲット URL がローカル ホストまたはローカル ネットワークに直接リンクしている場合、localhost テストは正しく機能しません。 http://localhost  http://127.0.0.1

代わりに、次のいずれかの方法を使用してテストを実行してください。

  1.  localhost.autify.comを使用します 。

    この FQDN localhost は、または 127.0.0.1の代わりに使用できます。

    ホスト名 localhostを持つテスト シナリオを既にレコーディングしている場合は、テストプランで URL 置換機能を使用できます。

  2. 別の ローカルIP アドレス 192.168.86.92を使用します。

  3.  hosts ファイルを編集し、アプリケーションに対するエイリアスを次のように設定します。

    127.0.0.1       local.your-application.com
    ::1             local.your-application.com
    
    

    hosts ファイルは通常、次のパスにあります。

    OSパス
    Linux, macOS/etc/hosts
    Windowsc:\Windows\System32\Drivers\etc\hosts

次のホスト名はサポートされていないことに注意してください(これは完全なリストではありません)。

localhost
*.localhost
[::1]
127.0.0.1/8
169.254/16
[FE80::]/10

これらのホスト名を使用してシナリオを記録する場合は、上記の方法のいずれかを実装する必要があります。


たとえば、Windows OSを使用したテストでも、 loopbackは認識されます

HTTPSスキームを使用するWebサイトに対してテストを実行すると、「ERR_SSL_PROTOCOL_ERROR」エラーが発生します。

テスト対象のアプリケーションのポートに443(https://local.autify.com:443 など)を使用するか、httpsの代わりにhttpを使用してください。

テストが「サイトにアクセスできません。ERR_TUNNEL_CONNECTION_FAILED」というエラーで失敗したのはなぜですか。

このエラーは、以下に示すいくつかの理由で発生する可能性があります。

  • 環境内のネットワークパフォーマンスの低下(これがこのエラーの最も頻繁な原因です)
  • テスト実行中にAutify Connectクライアントがシャットダウンされる
  • 高トラフィック下でのアプリケーションパフォーマンスの低下(たとえば、~10並列のローカルホストアプリケーションに対して多数のテストシナリオを実行する場合)
  • Autify Connectサーバーに問題がある場合、テスト接続を処理できません。

JSON形式でログを書き込む方法

問題調査の際、カスタマーサポートチームがAutify ConnectのクライアントログをJSON形式でリクエストすることがあります。

これを行うには、--log-format=jsonオプションを指定してautifyconnectを実行します。

$ autifyconnect --log-format=json

{
  "level": "info",
  "ts": "2022-09-07T19:56:07.862+0900",
  "msg": "Starting to establish a secure connection with the Autify connect server. Your session ID is \"{sessionID}\"."
}
ログ レベル情報

ログレベルの詳細については、以下の ログレベル セクションを参照してください。

Autify Connectのクライアントログの保存方法

Linux / macOS / Windows Powershell users
ビルトイン tee コマンドを使用すると、以下のようにAutify Connectのログをファイルに書き込むことができます。

autifyconnect -V --log-format=json  | tee your-log-filename.log

ログ レベル

このフィールドは level ログ レベルを表します。ログレベルは 4 つあります。

ログ レベル詳細
errorアプリケーション エラー。Autify Connectクライアントに問題があります。
warning障害の手がかりを知るために注目すべきものがある場合の警告ログ。例えば、Autify Connectクライアントからアクセス先にアクセスできない場合、クライアントは警告レベルのメッセージをログに記録します。
infoAutify Connectサーバーとの接続確立など、通常のイベントに使用します。
debugこのオプションを指定して —-verbose Autify Connectクライアントを起動した場合にのみ書き込まれるデバッグ情報です。これには、AutifyConnectクライアントとAutifyConnectサーバー間のセキュア接続を介して転送されたすべてのメッセージが含まれます。

Autify Connectクライアントの接続状態を継続的に確認する方法

autifyconnectが Autify Connectサーバーに接続され、テスト実行に使用できる状態であることを継続的に確認するには、v0.5.8で追加された --debug-server-portオプションを使用します(詳細は Autify Connectクライアントのリリースノート(autifyconnectコマンド) を参照)。

このオプションを使用すると、デバッグおよび監視用のサーバーが、指定したポートのローカルマシンで起動します。

たとえば、次のコマンドは、デバッグ サーバー エンドポイントを提供するアプリケーションをポート 9191 で実行します。  

$ autifyconnect --debug-server-port 9191

デバッグサーバーが稼働すると、エンドポイントから /status Autify Connectクライアントの状態を確認することができます。Autify Connectクライアントの準備が整うと、そのエンドポイントを確認した後のレスポンスは次のようになります。

$ curl http://localhost:9191/status

{
  "status": "ready",
  "message": "(description)..."
}

その他のステータスとその意味の詳細については、以下の表を参照してください。

ステータスの説明
ReadyAutify ConnectクライアントがAutify Connectサーバーに接続され、テスト実行に使用できる状態になっています。
StartingAutify Connectクライアントは起動中ですが、まだAutify Connectサーバーに接続していません。
ReconnectingAutify ConnectクライアントがAutify Connectサーバーから切断され、再接続を試みています。

この記事は役に立ちましたか?

Changing your password will log you out immediately. Use the new password to log back in.
First name must have atleast 2 characters. Numbers and special characters are not allowed.
Last name must have atleast 1 characters. Numbers and special characters are not allowed.
Enter a valid email
Enter a valid password
Your profile has been successfully updated.