Autify Connect リリースノート
  • 09 May 2024
  • 2 分で読めます
  • 投稿者
  • ダーク
    ライト

Autify Connect リリースノート

  • ダーク
    ライト

記事の要約

このページは、Autify Connectのリリースノートです。Autify for Web全体のリリースノートはリリースノートよりご覧いただけます。


v1.1.22 (2024年5月9日)

  • 内部的なコード改善を行いました

v1.1.21 (2023年5月9日)

  • 内部的なコード改善を行いました

v1.1.17 (2023年12月1日)

  • --experimental-x-host-header フラグを追加しました

v1.1.16 (2023年10月19日)

  • 内部的なコード改善を行いました

v1.1.15 (2023年9月27日)

  • 内部的なコード改善を行いました

v1.1.11 (2023年9月12日)

  • 内部的なコード改善を行いました
  • バグ修正:リクエスト数によるレスポンス遅延とエラーに関する問題を修正しました

v1.1.8 (2023年5月8日)

  • Autify Connectのサーバーがメンテナンス中の場合のメッセージを改善しました。

v1.1.7 (2023年4月26日)

  • エラーメッセージを改善しました。

v1.1.6 (2023年4月24日)

  • エラーメッセージを改善しました。

v1.1.5 (2023年4月17日)

  • 並列処理に関する問題を修正しました。

v1.1.4 (2023年4月5日)

  • ネットワークエラーの検知と再接続処理を改善しました。

v1.1.2 (2023年3月14日)

  • プロキシがリダイレクトを指示する場合にも動作するようにしました。

v1.1.1 (2023年3月13日)

  • --experimental-no-ssl-verify オプションが追加されました。

v1.1.0 (2023年3月13日)

  • このバージョンはスキップされました。

v1.0.6 (2023年2月20日)

  • 内部的な開発ワークフローの改良を行いました。

v1.0.5 (2023年1月16日)

  • 内部的な開発ワークフローの改良を行いました。

v1.0.4 (2023年1月10日)

  • 内部ライブラリをバージョンアップしました。

v1.0.3 (2022年12月19日)

  • 内部ライブラリをバージョンアップしました。

v1.0.2 (2022年12月13日)

  • バグ修正: 401 connection failures
    以下のようなエラーが表示される場合は、v1.0.2以降にバージョンアップしてください。
    WARN	Initial connect to the Autify connect server failed: getting an unexpected status code 401
    WARN	Reconnect to the Autify connect server failed: getting an unexpected status code 401.
    
  • 内部ライブラリをバージョンアップしました。

v1.0.1 (2022年12月1日)

  • 内部ライブラリをバージョンアップしました。

v1.0.0 (2022年11月29日)

  • Autify Connect Client初のメジャーリリースです! 🎉
  • バージョンv0.7.1およびそれ以下のAutify Connectクライアントのサポートを終了しました。
    • 以下のメッセージが表示された場合は、Autify Connectクライアントをアップグレードしてください。
      2022-11-29T15:56:01.888+0900	WARN	Your version v0.6.8 is unsupported. Please install the latest stable version via https://help.autify.com/docs/setup-autify-connect again.
      
  • 以下の実験的なフラグを削除しました。
    • --experimental-sut-proxy
      代わりに --sut-proxy フラグを使用してください。
    • --experimental-tunnel-proxy (実験的なトンネルプロキシ)
      代わりに --tunnel-proxy フラグを使用してください。
    • --experimental-debug-server-port
      代わりに --debug-server-port フラグを使用してください。

v0.7.4 (2022年11月15日)

  • 通信に関連する内部処理の改善を行いました。

v0.7.3 (2022年11月14日)

  • セキュアなトンネル接続を確立するためのハンドシェイクプロセスを改善しました。これにより、Autify Connectクライアントからサーバーに対する再接続の速度が向上します。

v0.7.2 (2022年11月9日)

  • Autify Connectサーバーの返すメッセージ形式を変更しました。
注意

Autify Connectクライアントv0.7.1 以前のサポートは 2022年11月29日に終了する予定です。

v0.7.1 (2022年11月8日)

  • 公式Dockerイメージで "x509: certificate signed by unknown authority" というエラーで接続に失敗するバグを修正しました。

    Dockerイメージの使用中に以下のネットワークエラーが発生した場合は、v0.7.1以降へのバージョンアップをご検討ください。

    Reconnect to the Autify connect server failed: error on getting the handshake endpoint: Get "https://connect.autify.com/control/destination": x509: certificate signed by unknown authority.
    

v0.7.0 (2022年11月8日)

  • 以下の実験的なフラグが安定版としてリリースされました。

    • --experimental-sut-proxy
      代わりに --sut-proxy フラグを使用してください。
    • --experimental-tunnel-proxy (実験的なトンネルプロキシ)
      代わりに --tunnel-proxy フラグを使用してください。
    • --experimental-debug-server-port
      代わりに --debug-server-port フラグを使用してください。
  • 上記の3つの実験的なフラグは現在非推奨となっています。v1.0.0リリースでこれらを削除する予定です。

  • --experimental-debug-server-port オプションで起動されるデバッグサーバに、新しいエンドポイント GET /tcp_connections を追加しました。

    この新しいエンドポイントによって提供される情報は、 GET /idles_conns と同じです。

  • エンドポイント GET /idles_conns は現在非推奨です。v1.0.0リリースで削除する予定です。

  • 無効なキーを与えると、autifyconnectはINFOメッセージの代わりにWARNメッセージを表示するようになりました。

  • 使用する autifyconnect のバージョンが Autify Connect サーバーでサポートされていない場合、INFO メッセージの代わりに ERROR メッセージを表示するようになりました。

v0.6.17 (2022年11月7日)

  • トンネル確立の際のハンドシェイクロジックの修正に伴い、DEBUGログメッセージが変更されました。

    # Before
    The address of Autify connect server is "wss://connect.autify.com/base/handshake".
    # After
    The address to establish a secure tunnel is "wss://connect.autify.com/base/handshake".
    

    私たちは信頼性とスケーラビリティのためにインフラ構成のアップデートに取り組んできましたが、この内部変更により、より安定したテスト実行を行えるようになりました。

v0.6.16 (2022年10月24日)

  • Autify Connectクライアントとテスト対象アプリケーション(System under test) 間の接続をプロキシするための新しいオプション --experimental-sut-proxy を追加しました。

v0.6.15 (2022年10月13日)

  • アクセスポイントキーの失効により、Autify Connectクライアントがシャットダウンされた場合の警告メッセージを修正しました。

v0.6.14 (2022年10月5日)

  • システムの内部構造の改善を行いました。

v0.6.13 (2022年10月4日)

  • 内部的な開発ワークフローの改良を行いました。

v0.6.12 (2022年9月29日)

  • システムの内部構造の改善を行いました。

v0.6.11 (2022年9月28日)

  • システムの内部構造の改善を行いました。

v0.6.10 (2022年9月28日)

  • システムの内部構造の改善を行いました。

v0.6.9 (2022年9月27日)

  • システムの内部構造の改善を行いました。

v0.6.8 (2022年9月26日)

  • 内部的な開発ワークフローの改良を行いました。

v0.6.7 (2022年9月26日)

  • システムの内部構造の改善を行いました。

v0.6.6 (2022年9月21日)

  • Linux 32-bit と Windows 32-bit のサポートを開始しました。

v0.6.5 (2022年9月21日)

  • 内部的な開発ワークフローの改良を行いました。

v0.6.4 (2022年9月18日)

  • 内部的な開発ワークフローの改良を行いました。

v0.6.3 (2022年9月17日)

  • デバッグAPI経由で終了する際の競合状態を緩和しました。

    デバッグサーバーが POST /terminate を取得すると、HTTPレスポンスを終了する前に実行中のプロセスを終了させ始めるため、すべてのレスポンスを受信する前にHTTP接続が拒否されるという競合状態が発生していました。本バージョンではこの問題を修正しています。

v0.6.2 (2022年9月13日)

  • --experimental-debug-server-port オプションで起動するデバッグサーバーに、新しいエンドポイント POST /terminate を追加しました。

v0.6.1 (2022年9月12日)

  • Autify ConnectクライアントとAutify Connectサーバー間の接続をプロキシする --experimental-tunnel-proxy オプションを新たに追加しました。

v0.6.0 (2022年9月12日)

  • 細かなバグの修正を行いました。

v0.5.9 (2022年9月12日)

  • Autify CLIが autify connectコマンドをサポートできるよう、内部的なアップデートを行いました。利用可能なコマンドの一覧は Autify CLI README をご覧ください。

v0.5.8 (2022年9月7日)

  • デバッグとモニタリングのために、新しい実験的なオプション --experimental-debug-server-port を追加しました。autify connectクライアントのデバッグや監視にお役立てください。

v0.5.7 (2022年9月6日)

  • UNIX系OS(Darwinなど)のユーザ向けのエラーメッセージを修正しました。

    Autify Connect クライアントが動作するマシンのネットワークが切断または無効化された場合、クライアントはセッションを終了せず、ネットワークの再実行まで特定の時間まで待機します。その後、クライアントは以下のようなエラーログを出力します。

    ERROR reader stopped due to an unexpected error {"session_id": "{sessionID}", "websocket_conn_id": "websocketConnID", "error": "read tcp {ip}->{gip}: read: operation timed out "}.

  • ログエントリーのレベルを "ERROR "レベルから "WARN "レベルへ変更しました。

    WARN WebSocket connection reader stopped. This is most likely because the network disconnected or switched. {"session_id": "{sessionID}", "websocket_conn_id": "websocketConnID", "error": "read tcp {ip}->{gip}: read: operation timed out"}

v0.5.6 (2022年9月1日)

  • 内部ライブラリをバージョンアップしました。

v0.5.5 (2022年8月9日)

  • 内部ミドルウェアをバージョンアップしました。

この記事は役に立ちましたか?

Changing your password will log you out immediately. Use the new password to log back in.
First name must have atleast 2 characters. Numbers and special characters are not allowed.
Last name must have atleast 1 characters. Numbers and special characters are not allowed.
Enter a valid email
Enter a valid password
Your profile has been successfully updated.