URL置換
  • 22 Sep 2022
  • 1 分で読めます
  • 投稿者
  • ダーク
    ライト

URL置換

  • ダーク
    ライト

URL置換とは?


企業サイトに変更を加える際、複数の環境を使い分けていませんか?ステージング環境、開発環境、本番環境などと呼ばれていますね。通常、環境ごとにURLは異なりますが、テストされるサイトは同じです。

Autifyの「URL置換」をご利用いただくと、新しいシナリオをレコーディングしなくても、シナリオに含まれる特定のURLを一括置換してテストを実行できます。

URL置換の設定

テストプラン詳細画面を開き、「シナリオ内のURL置換」で、「追加」ボタンをクリックしましょう。

URL_replacement_1.png

置換されるURL (置換前) とこのURLに置換 (置換後) をそれぞれ指定し、「作成」ボタンをクリックします。

URL_replacement_2.png

また、置換したいURLが複数ある場合もそれぞれ置換することが可能です。
URL_replacement_3.png

「このURLに置換」に指定したURLは、「置換されるURL」と一致する、シナリオ内すべてのURLが置換対象となります。
置換対象となるURLは以下の通りです。

  • 「シナリオ」の冒頭のステップにある開始URL
  • 「シナリオ」の途中でURLを指定して遷移するステップのURL
  • 「シナリオ」で使用中の「ステップグループ」内のステップに含まれるURL(「ステップグループ」の値を「置換されるURL」に上書きしている場合、「このURLに置換」に指定したURLに置換されます)
  • 「シナリオ」で使用している「URLが〇〇であることを確認する」アサーション内のURL
  • 「シナリオ」で使用している「JSステップ」内のURL
  • 「シナリオ」で呼び出したJSスニペット内のURL

テストプランを実行する際、既存のシナリオ内すべてのURLが「置換されるURL」に置き換えてから実行されます。

利用例

具体的にシナリオ内のURLがどのように置換されるか3つのパターンを例に取り上げ解説します。
今回の例では、2つ「置換されるURL」があった場合を前提に、解説の便宜上それぞれ置換指定1と置換指定2とします。

パターン1について、シナリオ内のURLが「置換されるURL」と完全一致しているため、「このURLに置換」に指定したURLに置換されます。

また、置換を行う際に、「置換されるURL」の長さが長いものから順に適用されます。
そのため、パターン2については、置換指定1ではなく置換指定2が適用されます。

パターン3については、置換指定1が適用され、URLの前方が置換されます。

「置換されるURL」欄 「このURLに置換」欄
置換指定1 https://dev.example.com https://prd.example.com
置換指定2 https://dev.example.com/project1 https://prd.example.com/projectA
シナリオ内のURL 置換後のURL 使われた置換指定
パターン1 https://dev.example.com https://prd.example.com 置換指定1
パターン2 https://dev.example.com/project1 https://prd.example.com/projectA 置換指定2
パターン3 https://dev.example.com/home https://prd.example.com/home 置換指定1

※ご注意
実行環境の異なるテストプランを作成するためにURL置換機能を使う場合、URL置換を考慮してシナリオ名を付けることをおすすめします。


First name must have atleast 2 characters. Numbers and special characters are not allowed.
Last name must have atleast 1 characters. Numbers and special characters are not allowed.
Enter a valid email
Enter a valid password
Your profile has been successfully updated.